肉眼動物解剖技術研修会

肉眼動物解剖技術研修会の概要

肉眼動物解剖技術研修会は、日本獣医解剖学会の所属勉強会として、肉眼解剖技術の継承と獣医解剖学教育の発展を目的に平成25年4月に設立されました(会則)。若手の会員を対象として、動物の肉眼解剖技術の継承と獣医解剖学教育の発展を期することを目的としています。

教育・研修会担当理事 柴田 秀史(農工大)

第9回肉眼動物解剖技術研修会のご案内

佐々木基樹(帯広畜産大学)

第9回本件集会は、以下の日程で開催を予定しております。参加方法等の詳細は追ってお知らせいたします。

期間 令和4年3⽉6⽇(日)から3⽉8⽇(火)の3⽇間
場所 帯広畜産⼤学(状況によっては、配信に変更する可能性あり)
内容 ウシの⾁眼解剖
講師 佐々木基樹(帯広畜産⼤学)、近藤大輔(帯広畜産大学)、臨床教員1名(帯広畜産大学)

過去実績はこちら