サテライトフォーラム

概要

「獣医解剖サテライトフォーラム」は、獣医解剖分科会の第8代会長に林良博先生が就任するにあたり、獣医解剖分科会の若手メンバーが中心となり、異なる科学分野の研究者との情報および人的交流を企図して設立されました。

1997年4月、第123回日本獣医学会学術集会(日本大学)において、当時、理化学研究所の小川健司先生と国立環境研究所の大迫誠一郎先生を企画代表として第一回のサテライトフォーラム「骨・軟骨形成に於けるActivin/Follistatinの役割(舟場正幸・麻布大学獣医学部)/哺乳類赤芽球の脱核過程における細胞骨格の変化(大室弘美・東京大学医学部)」が開催されました。

それ以来、毎回分科会の若手メンバーが企画を担当し、20年余の歴史を数えます。

なお、当初は関連集会という形で開催されていましたが、途中からは獣医学会学術集会のプログラムの一つとして開催されるようになりました。

27th 山口大学(オンライン開催) 2020年9月

「遺伝生物学分野における新たな研究手法と展開領域」

マウスとマウスiPS細胞由来の網膜形成過程におけるシングルセル遺伝子発現とオープンクロマチン構造解析から、細胞運命決定に関わる遺伝子発現調節機構を探る
竹田 晴子(リエージュ大学 GIGA Medical Genomics, GIGA Institute)
トランスクリプトーム解析によるヒト唾液腺の機能分化と発生過程の解明
齊藤 真理恵(バッファロー大学 生物科学科、2 シカゴ大学 遺伝医学部門)

過去実績はこちら