history

日本獣医解剖学会の成立経緯

 日本獣医学会の歴史は古く、昭和60(1985)年には日本獣医学会 創設100年記念シンポジウムが大々的に開催されました。しかし獣医 学会に各分野の分科会が設けられたのは意外に新しく、その設立の 経緯は次のようになります。

 昭和37年11月に第17回世界獣医学会議(ドイツ・ハノーバー市にて開催)への出席者推薦のために、世界獣医学協議会国内委員会として11部会より委員が選出され、世界獣医学会議が開催されました。このなかに解剖学部会があり、これが獣医学会で専門分野が意識された最初のことだと思います。その後、昭和41年には当時の獣医学会会長・越智勇一先生の呼びかけにより獣医学会の中に9分科会が設置されることになり、昭和41年12月には各分科会の役員も決まりましたが、解剖学分科会はやや遅れて、昭和42年1月に役員の届け出がなされています。その時の初代役員は、会長・加藤嘉太郎(九州大学)先生、副会長・西田司一(東京大学)先生、幹事・森田重広(日本獣医畜産大学)先生、という顔触れでした。その後、解剖学分科会は現まで日本獣医学会の分科会として存続しておりますが、平成7年に当時の分科会長の牧田登之(山口大学)先生の提案により、日本獣医解剖学会を設立することになりました。この年、獣医解剖学会が発足し、ニュースレターの発行も始まりました。しかし、獣医解剖学会も日本獣医学会の下部組織であり、獣医学会から見れば獣医解剖学会も解剖学分科会もメンバーは同一です。この二つの組織の唯一の相違は、獣医解剖学会には準会員の制度があって、準会員は獣医学会の会員とは限定されていないということだけであり、獣医解剖学会の正会員、学生会員は獣医学会の解剖学分科会会員としての処遇を受けています。

日本の獣医学の歩み

明治10(1877)年
農事修学場(後の駒場農学校)で獣医学教育開始
明治13(1880)年
札幌農学校で獣医学教育開始
明治18(1885)年
獣医師免許規則公布
   同 年
大日本獣医会設立
明治20(1887)年
大日本獣医会を中央獣医会と改称
明治27(1894)年
各地の農学校、私立学校で獣医学教育開始
大正10(1921)年
中央獣医会とは別に日本獣医学会設立
昭和13(1938)年
中央獣医会と日本獣医学会が合併、大日本獣医学会設立
   同 年
日本獣医学雑誌刊行開始
昭和23(1948)年
大日本獣医学会を日本獣医学会と改称
昭和24(1949)年
獣医学教育は全て大学で施行
昭和59(1984)年
学部6年制の獣医学教育開始